遠心分離機/回転機械/減速機/油圧シリンダー等の
修理・部品の製作なら、株式会社昭和技研にお任せください。
本社:東京都江東区 工場:千葉県八街市

arrow
  English

事業内容をご案内をします

主な整備内容

動バランス修正

修理概要 【修理概要】
遠心分離機(デカンター)は必須、その他回転機械で必要に応じて行います。バランサーと呼ばれている装置の上でスクリュウ及びボウルを回転させてアンバランス量を計り取り、そのアンバランス量をおもに削り取ることやウエイトを溶接し、バランスの等級を必要値まで調節します。
計測ユニット 【計測ユニット】
デジタル制御技術を採用したバランシングマシン用計測ユニットで、高精度の釣り合わせを簡単な操作で実現しています。
弊社のバランスマシンでは、
・最大径:φ1800
・全長:4500mm
・総重量:1kg~3000㎏
までのワークを修正出来ます。

※具体的な整備例をご案内します。

ワーク名 イメージ写真 ワークサイズ
分離機
ボウル
重量:1.2トン
最大径:φ700
全長:2500L
修正回転数:560回転
修正方法:2面修正、ドリル穴明け及び面取り
分離機
スクリュウ
重量:0.6トン
最大径:φ680
全長:1800L
修正回転数:560回転
修正方法:2面修正、プレート溶接
分離機
フィールドバランス
重量:2.1トン
最大径:φ700
全長:2800L
修正回転数:1250回転
修正方法:2面修正、ドリル穴明け及び面取り
渦巻ポンプ
インペラー
重量:10㎏
最大径:φ700
全長:100L
修正回転数:560回転
修正方法:単面修正、面削り・面取り
多段ポンプ
インペラー
重量:250㎏
最大径:φ500
全長:1800L
修正回転数:560回転
修正方法:単面/2面修正、面削り・面取り
渦巻ポンプ
インペラー
重量:200㎏
最大径:φ1300
全長:200L
修正回転数:560回転
修正方法:単面修正、面削り・面取り、プレート溶接

硬化剤肉盛・溶射補修

計測ユニット 【修理概要】
硬化剤肉盛の目的は、各種産業機械の耐摩耗の要求される部位に耐摩耗性に優れた肉盛金属を溶接により形成(補修)することです。
基本的に、摩耗した部品は交換あるいは補修が必要ですが、機器メンテナンスの経済的理由から摩耗量の少ない場合には肉盛溶接にて補修して再利用する場合が多いのが現状です。
溶射とは、コーティングに用いる材料を加熱・溶融して、対象とする部材の表面に吹き付けてコーティング層(=皮膜)を形成するという表面処理技術です。

部品計測

計測ユニット 【修理概要】
軸及び穴の嵌合部をマイクロメーターやシリンダーゲージといった計測機器を用いて100分の1mm単位の計測を行い、許容値から外れた部品は補修や新規製作を致します。 寸法計測結果は報告書とともにお客様に提出致します。

PT検査

計測ユニット 【修理概要】
部品表面に肉眼では見えない微小な亀裂(クラック)の有無を確認する検査。亀裂にだけ色が残る特殊な溶剤を用いて行います。
遠心分離機の軸や減速機の歯車などで検査を実施します。

芯出し調整・確認

計測ユニット 【修理概要】
特に高速回転機械(遠心分離機)の場合、本体外径の通り芯が狂っていると機械運転中の振動や機械損傷につながりかねません。
弊社では芯振れが100分の5mm以内になるように芯出し調整を行っております。

各種設計、製作

損傷部品の図面作成

計測ユニット 損傷部品の整備方法をご提案させていただく際は、図面を作成したうえでご説明いたします。弊社ではメーカー部品の補修はもちろん製作も行っております。
そのため、メーカーから交換部品を購入するより、時に安く、早く、より良い製品を提供することができます。
作成は、パーツごとの専門協力会社や弊社にて行っております。

整備の流れ(お問い合せから整備、納品まで)

PAGETOP